「名水」あるところに「うまい日本酒あり」その理由

「名水」あるところに「うまい日本酒あり」その理由

知識

日本酒の80%は水でできています。そのため仕込み水は大切な原料の1つであり、水が良質でなければ、おいしい日本酒をつくることはできないとさえ言われています。
ところで私たちはよく、「水がおいしい土地であればきっとそこの日本酒もいいものだ」と思ってしまいがちですが、本当にそうでしょうか?ここでは水とお酒の関係について説明します。

水がなければ日本酒は作れない

日本酒の基本の原料は、米・米麹・発酵に必要な微生物、そして場合によっては醸造アルコールが入っていますが、それよりも欠かせないものが水です。出来上がった日本酒の成分の80%が、水となっているのです。
つまりアルコール成分を除いて、日本酒は水を飲んでいると言っても間違いではありません。
日本酒を作る際に水を使用して米を洗ったり、蒸したり割り水にするなどしています。味を調整する以外に、ビンや機材などを洗うといった洗浄用の水も含めると、日本酒を作るためにはかなりの水を使うということが想像付くことでしょう。そしてこの水を使う量は、総米重量の約50倍と言われています。だからこそ、日本酒のメーカーは水の豊富な場所にあるのかもしれませんね。

名水があるところにうまい日本酒があるのは本当!

日本酒の味は水の硬度によって変化します。(※硬度とは水1L中に含まれているミネラル成分の量を数値で表したもののこと)
硬度が高い「硬水」と呼ばれるお水だとコクのある重い日本酒となり、逆に硬度が低い「軽水」だと柔らかくなめらかであっさりとした日本酒に仕上がります。

兵庫県にある硬度は6.5の名水を使用して作られた日本酒は、少し辛口よりでしっかりとした味わいです。一方、静岡にある硬度1.0の名水を使用して作られた日本酒は、あっさりとした味わいで、甘く仕上がっています。
このように、お水の硬度が違うだけでもお酒の味に違いが出てくるのです。しかしいくらおいしいお水だからといって、日本酒作りのための大量のお水を遠くから輸送することは困難です。そのため、その土地にある水がその土地の酒の味を決めることとなり、「名水あるところにうまい日本酒あり」と言われているのです。国産の日本酒は、ほとんどが軟水で作られていますが、中には硬水で作られているものもあります。

おいしい日本酒を作るための条件はコレだ!

個性あるおいしい日本酒をつくるために、ミネラル成分は欠かせません。ミネラル成分とは、カルシウム・カリウム・リン酸・マグネシウムのことをいい、これらのミネラル成分が日本酒の味の決め手となります。
逆に日本酒にとって不必要な成分と言えば、「鉄分」です。鉄分は日本酒の色や味わいを悪くしてしまうのです。そのため、おいしい日本酒を作るためには、鉄分の含有量が少ない水を使用することが大切なのです。日本酒を購入する前に、その日本酒の仕込み水について調べてみるといいかもしれません。日本酒の色や味わいを悪くしてしまう鉄分がどれだけ含まれているか調べることで、よりおいしい日本酒を見つけられることでしょう。

名水仕込みの日本酒を水割りにするときのコツ

少し話は変わりますが、日本酒がその土地の水でできているのであれば、水割りに使う水にも気を使ったほうがいいのでしょうか。答えはもちろんイエスです。コツとしては仕込み水と同じくらいの硬度の水で割ることです。硬度の近い水で割ることで日本酒の味を崩すことなく、まろやかで飲みやすい日本酒になります。
日本酒を水割で飲むという方は少ないかもしれませんが、日本酒を水で割ると柔らかく飲みやすくなります。そのため日本酒が苦手だという方は、是非一度水割で飲んでみてください。

おわりに

日本酒に含まれている80%程が水です。そのため美味しい「日本酒を作るためには美味しい水は欠かせない」といえます。いくら水がおいしいからといって、遠くの地域からそのおいしい水を大量に輸送することは難しいため、おいしい日本酒のメーカーは自然と名水の近くの場所にあるといえるのでしょう。使用している水の硬度によって日本酒の味が異なるため、さまざまな地域の日本酒を飲み比べてみてもいいかもしれません。自分の好みの日本酒が見つかることでしょう。

The following two tabs change content below.
酒通

酒通

お酒のことを知るなら【通】になろう!